【Windows10】プロセッサ(CPU)の性能を確認する方法

Windows

アプリの推奨動作環境項目によく挙げられている「プロセッサ」の性能(スペック)があります。処理速度に影響があるので最も大切な部分と言えます。

代表スペック

動作周波数=クロックレート・アーキテクチャ=ビット・演算回路数=コア数

以上を調べる方法です。

この記事はWindows向けです。

コントロールパネルから調べる

コントロールパネルからバージョンを調べるパターンです。

1.コントロールパネルを開く

スタートメニュー

スタートメニューを開き、「Windowsシステムツール」フォルダの中にあるコントロールパネルをクリック。

キーボード操作の場合

Windowsキーを押し、何も選択しない状態で キー → キー の順に押すと、検索窓に自動的に「cp」と入力された状態になり、検索候補に”コントロールパネル”が挙がります。
そこでEnterを押すことで、タスクマネージャーを起動させることが出来ます。

2.管理ツールを開く

コントロールパネル

コントロールパネルから管理ツールをクリック。

表示方法を”大きいアイコン”にすると比較的見つけやすいです。

コントロールパネルの中に「システム」という項目がありますが、そちらは、下記、その他の方法でご紹介している設定メニューから詳細情報を開いた画面と同じ場所へ飛びます。

3.システム情報を開く

管理ツール

管理ツールはショートカットキーの詰め合わせになっているので、一覧の中からシステム情報をダブルクリックして開く。

4.確認画面

システム情報

アーキテクチャ(ビット)

「システムの種類」という項目の、x64-ベースPC
64ビットのことです。x86となっていれば、32ビットです。

3192MHzとなっていますが、前者は定格の動作周波数(クロックレート)で、後者は実働の周波数です。
オーバークロックさせている場合は、後者が前者より大きい数字になっています。

動作周波数(GHz)とコア数

「プロセッサ」という項目の@マーク以降のGHzが動作周波数です、
画像では3.20GHzとなっています。

コア数は動作周波数の後ろ「○○コア」で確認できます。
画像では6コアと表示されています。

その他の方法

設定から動作周波数とアーキテクチャを調べる

1.設定メニューを開く

スタートメニュー

スタートメニューから、設定をクリック。

もしくはWindowキー+I(アイ) 同時押しショートカットキーでも開けます。

2.システム画面を開く

設定メニュー

設定メニューが開いたら、左上のシステムをクリック。

3.詳細情報を開く

システム画面

システム画面を開いたら、左側にある縦並びの項目から、一番下の詳細情報をクリック。

OSのバージョンによっては、バージョン情報となっている場合があります。

Windowsの仕様が詳細情報として表示されます。

4.確認画面

詳細情報内のデバイスの仕様で確認します。

詳細設定
動作周波数(GHz)

プロセッサ項目で、@マークのすぐ後ろ「○○GHz」という所が動作周波数です。
画像では3.20GHzとなっていますが、こちらは定格の動作周波数です。

末尾の3.19GHzというのは実働周波数を表しています。
オーバークロックしている場合は実働の値が定格より大きくなります。

アーキテクチャ(ビット)

詳細情報画面ではシステムの種類項目で確認できます。

画像ではx64ベースプロセッサとなっているので、64ビットです。
※ここがx86だと32ビット対応機種です。

演算回路(コア)数をタスクマネージャーから調べる

タスクマネージャー

タスクマネージャーの起動は、タスクバー上の何もないところで右クリックし、メニューからタスクマネージャーをクリックします。

<タスクマネージャーのショートカットキー>

キーボード画像

CtrlAltDelete 3つ同時押し、表示された項目から「タスクマネージャー」をクリックします。

タスクマネージャー
タスクマネージャー画面

タスクマネージャーが開いたら、パフォーマンスタブを選んで表示すると、CPU情報が表示されています。項目内の「コア」横の数字がコア数です。
画像では6コアになっています。

タスクマネージャー簡易表示

もし、タスクマネージャーを開いても「パフォーマンス」等のタブが表示されていない場合は、左下の詳細をクリックすると詳細情報が表示されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました