TPMとは?搭載の有無とバージョンの確認方法

Windows

TPMとはTrusted Platform Module(ランステッドプラットフォームモジュール)の略です。

PCセキュリティ機能の一つでで、暗号化キーを安全に管理するものです。
2016年以降のPCには発売時点で最新のものが標準搭載されています。

Windowsセキュリティから調べる

1.スタートメニューからWindowsセキュリティを開く

「スタートメニュー」内「W」の項目からWindowsセキュリティをクリックします。

2.デバイスセキュリティを開く

「セキュリティの概要」項目一覧が表示されるので、その中からデバイスセキュリティをクリックします。

3.セキュリティプロセッサの詳細を開く

TPMが有効化されていれば、セキュリティプロセッサの詳細を見ることが出来ます。
セキュリティプロセッサの詳細をクリックして表示します。

無効になっている場合は、BIOSより有効化する必要があります

4.TPMの詳細を確認する

有効化されているTPMの詳細が表示されます。
仕様バージョンというのが、TPMのバージョンです。

画像ではTPM2.0である事が確認できます。

デバイスマネージャーから調べる

1.デバイスマネージャーを開く

ツールバーのWindowsロゴ上で右クリックし、デバイスマネージャーをクリックする。

2.セキュリティデバイスを表示する

デバイスマネージャー、デバイス一覧から、セキュリテデバイスをクリックして中身を表示します。

折りたたまれていたセキュリティデバイスが表示されます。

例の画像ではトラステッドプラットフォームモジュール(TPM)2.0が有効になっていることが分かります。

効になっているの場合、セキュリティデバイスが表示されません

コメント

タイトルとURLをコピーしました